MR.ICEのプロフィール

中国企業の求人を検討中?企業文化や特徴を日本法人の経営者が解説

日本と中国
MR.ICE

今や世界第2位の経済大国になった中国。日本にも多くの企業が進出していています。そんな中国企業への転職を考えている人も少なく無いと思います。

中国企業は欧米企業とはまた違った企業文化がありますので、十分理解してから転職した方が良いです。

私は中国企業の日本法人の経営をしています。とは言え私は純粋な日本人ですので、日本人から見た中国企業の特徴やメリットデメリットを解説します。

中国企業の特徴

中国企業の特徴を語る前に、企業文化をウェットとドライに分けて見たいと思います。

日本企業はウェットです。付き合い、関係、感情がビジネスをやる上で重要になってくるからです。

一方、欧米企業はお察しの通りドライです。日本企業とは対局にいる存在でしょう。

では中国企業はどうでしょう。私は中国企業を「ウェット&ドライ」だと思っています。この対局にある性質が混ざり合った興味深い文化なんです。

ではどのようにウェット&ドライなのか特徴を説明します。

判断・行動が早い

これは近年の中国企業の発展や成長をみてご存じかもしれませんね。

中国企業はとにかく判断と行動が早いです。もともと中国人がせっかちな国民性と言うことも影響していると思います。

考えている途中ぐらいからとりあえず行動するイメージです。これは企業の規模を問わず同じ傾向があります。

「PDCAサイクルを高速化する」という言葉が経営書によく出てきますが、中国企業はこれを自然におこなっていると言っても良いでしょう。

行動してから考える

これは先ほどの「判断・行動が早い」に通じるものがありますが、大きな特徴であり、日本では無いものですので分けて説明します。

中国企業とビジネスしたことがある方は経験があるかもしれませんが、中国企業は契約や注文を取ってから、どうやって条件を満たすか考えます。(毎回ではありませんが、よくあります)

これは例えで説明した方がわかりやすでしょう。

A〜Dという条件を満たす製品を顧客が探しているとします。日本企業はこの条件を満たした製品がなければ諦めるか、見積もり提出までに何とか条件を満たそうとします。

中国企業はとりあえず「出来る」と言います。実際に保有製品が条件を満たしていなくてもです。そして契約を取ってからどうやってその条件を満たすかを考えます。彼らからすると注文がなければ始まらないという考えが重要なのです。

この考えの基礎になっているのは中国が物作り大国だからかもしれません。彼らは何でも奇抜なアイデアで作ってしまいます。それだけのリソースが自国にあり、大体のことは何とかなるという意識があるのでこのスタイルがあるのかもしれません。

もちろん契約後に何とかならないというケースも発生しますので、私たちがたまに目にする、日本人からしたら低品質な製品やサービスが市場に出てきます。よく言えば物凄いチャレンジ精神で悪く言えば無責任ということになりますね。

ただ一つだけ言えるのは彼らが世界第2位の経済大国になっているという事実があるということ。このスタイルが完全に間違っているならこの結果にはならなかったと思います。

薄利多売のビジネススタイル

全ての中国企業が薄利多売と言うわけではありませんが、彼らと話したり、新しく日本に進出してきた企業の戦略を見ると基本的には薄利多売のビジネススタイルです。

安い労働力で製品を低コストで大量生産する事でのし上がった中国企業には薄利多売がDNAに刻まれているのだと思います。

実際に人件費は以前に比べて上がったとは言え、多方面の業種でまだまだ中国で生産した方が安いものばかりです。したがって日本に進出した中国企業は低価格で市場シェアをとる戦略が一般的です。

顧客より利益重視

「お客様は神様」。日本にはこんな言葉があります。

中国企業では「企業の利益や生存」を第一としてビジネスの判断を下します。

これは私の知っている実例で話します。

ある業界を薄利多売戦略で中国企業が席巻しました。今や業界シェアの大部分は中国企業です。その製品には日本の製品に倣って10年保証が付けられていました。

しかし中国の技術が進み、次々に新しい設備が導入され最新化されました。最新なのは良いことですが、昔の設備は効率が悪いので廃棄です。

一方、10年保証が付けられた製品が数年経つにつれて一定数故障していきます。日本企業は保証を根拠に中国企業に代替品の要求をします。しかし旧設備が無いため同じものが作れません。日本企業の周辺設備は旧設備に合わせて設計されているため、最新のものは設置できません。

当然日本企業は憤慨して中国企業を責めますが、彼らの回答は「出来ないものは出来ない」です。10年保証という紙があれば必ず守られると信じた顧客は結局損をした、という話です。

この例では、旧設備を維持して損失を出すぐらいなら保証は止めるという判断をしました。企業の利益に害があると分かれば躊躇なく顧客は二の次になリます。この部分は非常にドライと言っても良いでしょう。

高給(良いのもには投資を惜しまない)

中国企業は物事に利があるかどうかで判断すると言うお話をしました。

この考えが給与にも表れます。

経営者や営業のように会社に直接売上をもたらすポジションで会社が有益と思った人は、日本の基準よりも遥かに高い給与を出します。

私は日系や欧米系の会社から転職のオファーを頂くことがありますが、年収1000万円〜1200万円ぐらいです。中国企業から同様のポジションで声がかかる時は最高で1700万円ぐらいでした。会社に有益と思えば、全力で取りに来ます。

ただしこれは裏を返せば、会社に有益ではないと判断されれば逆のことが起きますので注意してください。

教育と言う理念が薄い

中国企業はあまり社員教育という概念がありません。非常に属人的な会社運営と言って良いです。したがって結果が出なければ良い人に巡り合うまで何度も解雇と採用を繰り返すというのは日常茶飯事です。

前項の話に通じますが、これは経営や営業ポジションに起こりやすいです。結果が数字としてわかりやすく、会社の利益に直結するからでしょう。

品質は合格点ギリギリでOK

品質に関しての概念も日本企業と大きく異なります。ここでいう品質は製品やサービスだけの品質ではなく、社内の部署や同僚の間での仕事のやり取りについても言えます。

中国企業では少しでも合格点に達すればそれで良いという考え方です。テストで言うと70点ぐらいでしょうか。70点に達した時点で販売したり、同僚にパスします。

誤解が無いように言うと、実はこれは日本人から見た言い方で中国人が合格点ギリギリでOKと思っているわけではないです。中国ではこれは100点に値するので、残りの30点が足りてない、という認識はないのだと思います。

彼らからすると既に完成している製品に対して、無駄に追加の要求をしている日本人が非効率に思えるでしょう。したがってどちらが良い、悪いの話ではなく常識の違いと言えます。

接待

これは中国企業の一番ウェットな部分かもしれません。

中国企業は大事な顧客と判断すれば日本よりも接待をします。

横山光輝さんの三国志を読んだことがあるなら何となく感覚がわかると重ますが、重要と判断する人ならしっかりもてなして、時には賄賂も送る(三国志では)と言う感覚が今だに生きています。

中国企業に営業職で入社する人は、顧客に接待をする場面が増える可能性が高いです。

中国企業で働くことのメリット・デメリット

ではこれまで説明した特徴を踏まえて中国企業で働く事によるメリットとデメリットを紹介します。これを見てメリットにより魅力を感じる人は中国企業で働くのも一つの手です。

メリット

  • 給与が高い
  • 仕事の展開が早くてダイナミック
  • 細かいことを言われない
  • 価格競争が強い業界では有利に仕事を進められる

デメリット

  • 結果を残さないと解雇の対象になるかも
  • 品質問題・レベルで苦労する可能性がある
  • 品質や保証を重視する業界では不利な立場で戦う可能性がある
  • 会社が日本撤退をする可能性あり(結果が出なければ直ぐに撤退の決断をするため)

中国企業に向いている人

  • 中国語や中国文化が好き
  • 細部を気にせずダイナミックに仕事をしたい
  • 割り切った性格である
  • 多少安定を犠牲にしても高い報酬を狙いたい

まとめ

いかがでしたか。

外資系企業と言えば一昔前は欧米企業でしたら、今は中国企業も大きな部分を占めるようになりました。今後も中国の成長は続くと思いますし、中国企業で経験を積んでおく事は少なからずキャリアには良いと思います。

world

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です