MR.ICEのプロフィール

(海外転職)社会人未経験・業界未経験でも海外で働く方法をまとめました

MR.ICE

こんにちは。MR.ICEです。

「日本は生きづらい」「海外で暮らしたい」「英語を使って働きたい」という人に24ヶ月以内に海外移住をして人生を変える方法を教えています。

「日本社会のレールにのって人生を生きるのが嫌だ。海外で働いて人生を変えるって憧れるなぁ。でも社会人や業界経験がないから無理だろうな…」

今回はそんな人の疑問にお答えします。

こんな悩みにお答えします
  • 未経験の業界でも海外転職はできるの?
  • そもそも社会人未経験だけど海外転職はできるの?
  • なにも資格が無いけど海外転職できるのか?

MR.ICEは留学と海外転職で10年間の海外在住経験があります

MR.ICEは何者か?

結論から言います。この方法を使えば社会人未経験、業界未経験でも、海外で働ける可能性はあります。制約や条件はありますが、本人の行動次第です。

未経験の業界でも海外転職する方法

日本でも海外でも未経験の業界への転職は、経験有りの業界に転職するより難易度は高いです。

ただ逆に言えば、日本でも未経験業種に転職する事は可能なので海外転職でも可能です。

日本の転職エージェントで職を探す

日本の転職エージェントは基本的に日本の企業から求人を預かっています。従って求人は日本企業のものになり、採用も日本採用が中心となります。

中には募集は日本でかけて籍は海外支社というものもありますが、どちらにしても母体は日本企業となります。

  1. 日本国内の転職エージェントのサイトを探します。海外求人に強いところで例えば下記のようなエージェントでよいでしょう。
    1. リクルートエージェント
    2. ビズリーチ
    3. JAC Recruitment
    4. エンワールド
  2. 転職エージェントは最低でも2つ登録します。なぜなら今から求人検索を行いますが、エージェント毎で扱っている求人が違うものがあるためです。※この時は転職の意思がなくても登録してもOKです。
  3. 登録するとコンサルからWeb面談依頼が来ることがありますが、転職意思が固まっていなくても正直に伝えればよいです。デメリットは無いので面談してもよいでしょう。
  4. いきなりコンサルタントに相談せず、まずは求人検索機能で「未経験」というキーワードで求人検索してください。必ずと言っていいほど業界未経験の求人はあります。
  5. 行きたい場所、希望条件が固まったらコンサルタントに相談しましょう。直接検索した求人に申し込んでもよいですが、やはりコンサルタントは全体の情報を把握しています。ベストな条件の求人を紹介してもらえるので相談をしましょう。
  6. 狙う求人が決まれば後は面接ですが、今回は細かく書きません。ただコンサルタントも募集企業も慣れていますのでビザや引越し、現地の事は聞けば教えてくれます。

現地の転職エージェントで職を探す

自分が行きたい国、もしくはその地域をサービス対象にしている現地の転職エージェントを使います。日本の転職エージェントの海外支店や海外求人を主に扱う日本人用の転職エージェントがあります。

現地の転職エージェントはその国や地域の企業から求人を預かっています。主に現地での採用、現地籍の求人となります。

感覚的に日本の転職エージェントの求人は日本側で面接して、しっかりした人を送り出したいという感じがあり合格のハードルが上がります。

一方、現地エージェントの求人はハードルと言う意味では少し下がるイメージです。企業や仕事内容のレベルが低いという意味ではありません。

例えば海外の企業で「日本の顧客に対応するためにどうしても日本人がいる」という状況の企業は先ず日本人を確保する事が優先です。そのため求職者の経験やスキルは大目に見るという事が起こりやすいです。

日本企業から現地に派遣する駐在員と現地で直接採用する現地採用は、
キャリアパスや条件が大きく異なりますがそれは別の回で説明します。

  1. まず現地エージェントに登録しましょう。私が詳しいのはアジアですのでアジアでいくと、現地系は下記1~3番です。西洋を含むを狙うなら4〜6番です。
    1. REERACOEN(地域系)
    2. モメアジア転職(地域系)
    3. ABROADERS CAREER(地域系)
    4. ロバート・ウォルターズ(国内外)
    5. ランスタッド(国内外)
    6. JAC Recruitment(国内外)
  2. 基本は国内エージェントの時と同じ。複数の転職エージェントに登録しましょう。※ここも登録するとコンサルからWeb面談依頼が来ることがありますが、転職意思が固まっていなくても正直に伝えればよいです。デメリットは無いので面談してもよいでしょう。
  3. いきなりコンサルタントに相談せず、まずは求人検索機能で「未経験」というキーワードで求人検索してください。必ずと言っていいほど業界未経験の求人はあります。
  4. 行きたい場所、希望条件が固まったらコンサルタントに相談しましょう。直接検索した求人に申し込んでもよいですが、やはりコンサルタントは全体の情報を把握しています。ベストな条件の求人を紹介してもらえますので相談をしましょう。
  5. 狙う求人が決まれば後は面接ですが、現地企業ですので先ずはWeb面接となります。進めば現地で対面面接となりますが、企業によってはWebだけで決まる事もあります。

社会人未経験でも海外転職する方法

社会人未経験の場合、私の意見では現地の転職エージェントを使って仕事を探す事に絞った方がよいです。上記で説明したとおり日本の転職エージェントの求人は、経験のある人を国内で雇って海外に派遣するというイメージですのでハードルが高いためです。

ではどうやって職を探すか、やり方は上記の「 現地の転職エージェントで職を探す 」に譲るとして方法論を説明します。

エントリーレベルの職について、それから学ぶ

現地転職エージェントの求人であっても、もちろん社会人未経験の人はハードルが上がります。

ただし現地求人ならではの事情で社会人未経験でも申し込めるものがあります。

それは上記でも説明した通り「業務を行う上で日本人が必要」というニーズがあるからです。

例えば現地の旅行会社だと、「旅行に来た日本人への対応業務があるため日本人が必要」というニーズがあります。その他業種でも同じような日本人である、日本語が話せるというニーズから来る求人があります。

求人のレベルでいえばエントリーレベル。つまり簡単な業務にはなってしまいます。

「キャリア的によくないのでは?」と思うかもしれませんが大丈夫です。

ここで狙っているのは、とりあえず働く事により得られる下記2つです。

  • 語学力
  • 現地の常識

日本で勉強するのと、現地で実践をするのでは学ぶスピードが違います。

将来キャリアアップに必要な知識や語学力を給料をもらいながら身に着けるという事です。

現地で転職してキャリアアップする

とりあえず現地で働く事で、その国の仕事に必要な知識と語学力をつけたら今度は転職です。

海外では転職でキャリアアップをする事が当たり前です。あたなも同じことをすればよいのです。

最初の職場を踏み台にして更に高い給与、高いポジションを求めて転職します。

転職までのスピードやどこまでいけるかは、もちろんあなたの頑張り次第になりますが、社会人未経験でも海外キャリアのレールにのることができます。

海外転職に資格は必須ではない

海外転職に資格は必要ではありません。何故なら日本国内の資格は海外では意味がないからです。

ただし資格を取る行為は能力アップにつながりますので、やれるならやった方がよいです。

特に英語に不安のある方は、現地のキャリアアップを楽にするために英検やTOIECを勉強した方がよいです。

どのレベルまで英語力を上げるべきか、どのような勉強方法があるかは他の回に譲ります。

まとめ

いかがでしたか。海外転職について今回のまとめをします。

  1. 未経験の業界で転職する方法は、日本 or 現地エージェントで未経験求人を当たる
  2. 社会人未経験で転職する方法は、現地エージェントでエントリーレベル職を探す
  3. 海外転職には日本の資格は無意味

海外転職と聞くと経験が豊富な人や、英語力が高い人だけの事と思うかもしれません。

ですが経験やスキル、資格が足りなくても十分可能です。

一番大事なのはまず行動すること。それから全てが動き出します。

特に転職サイトに登録して求人情報に慣れることは無料でできます。

私は転職する意図がなくても常に求人情報を見ています。

いつお宝求人がでるかわかりませんし、今どんな人が求められているか分かるからです。

みなさんも先ずは一歩を踏み出してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です